Posted by:admin Posted on:2017年3月25日

求人するにも制約がある

男女雇用機会均等法という法律ができてから、求人の掲載をするにしても多くの制約ができたのです。そのため求人を出す企業としては希望するターゲットをピンポイントで募ることができなくなったのです。性別は勿論のこと年齢も求人票に記載することができなくなったのです。多くの転職希望者に応募の機会を与えるための施策と考えていますが、企業としてはターゲットとして欲しい人材以外にも対応しなければならなくなり業務が煩雑になったのです。

記載内容で応募者に理解してもらう

そのため企業としては男女雇用機会均等法に基づいて、できるだけターゲットとして欲しい人材に応募してもらうために求人票の記載方法に気を使っているのです。例えば30歳代の人材を欲しいのであれば、求人票に、30歳代活躍中、等と言った表現を記載をしています。特に性別も希望するのであれば30歳代の女性が活躍中、といった表現をするのです。そうやって希望する人材を合法的に絞っているのです。

記載してもいい条件がある

しかしそのようなことをしないまでもきちんと希望する人材に条件があるのであれば記載することも許されています。例えば30歳代の人材を希望するのであれば、その理由としては会社に30歳代の人材が少なく技術の継承を考えて30歳代の人材を応募したい、といったものであれば記載も許されます。そのためターゲットとして考えている人材について理由があって、それが合法なものであれば記載しても良いことになっています。そのようなことを理解することで、企業と応募者ともにアンマッチのない採用活動ができるのです。

施工管理の求人の条件は、各企業の事業の希望に左右されるものの、未経験者でも応募が出来るものがあります。