Posted by:admin Posted on:2017年2月28日

まずは自分の希望をしっかりと整理しておく

就職活動を行う時に、たくさんの求人が目に飛び込んできてどれを選べばいいのかわからない、と頭を抱えてしまう人も多い傾向にあります。就職活動を行う時に重要になるのは、まず自分自身の希望する業種や職種、また条件について明確にしておくことが挙げられます。特に経験が活かせるこの分野の職種、それに加えて年収は何万円以上、と線引きをしっかり決めておくことで、求人をグッと効率的に絞り込むことが出来るようになります。また、年間休日や福利厚生、社会保険の有無なども重要なチェックポイントになるでしょう。長く勤めていく会社選びだからこそボーダーラインをしっかりと決め、妥協しないことが大切です。

面接では求人票でわからなかった部分を明確にしよう

就職活動で避けて通れないのが採用面接ですよね。今までの経歴や考え方について質問されることの多い面接は、苦手だという人も多いのではないでしょうか。採用面接は、応募者が質問される場であると考えられがちですが、応募者がより深くその会社について知ることの出来る、大きなチャンスの場でもあります。求人票では伝わってこなかった職場の雰囲気や具体的な職務内容について、疑問点はしっかり質問しておくことが重要になるでしょう。色々質問をしても良いのかという悩みを抱えている方も多いですが、それだけ会社に興味を持っているという、熱意を伝えることが出来ます。また、待遇面については聞きにくいという意見も多いでしょう。給与や休日についてばかり質問をしてしまうと、ヤル気のない人間だと思われてしまう危険性があります。採用担当者が話題に触れた時に、さりげなく質問をしてみることが無難といえるかもしれません。

ネットワークエンジニアはネットワークの設計、構築、運用・保守を担うエンジニアのことです。他の職種と意見を交えながら仕事を進める機会が多いので、コミュニケーション能力も求められます。