Posted by:admin Posted on:2017年2月26日

介護のお仕事って実は楽しい!

介護のお仕事はしばしば「キツイ」と言われることがあります。しかし、実際に働いている職員の中には「楽しい」「やりがいがある」と話す人がたくさんいます。介護のお仕事はどのあたりが楽しいのでしょうか?

まず「やりがいがあるところ」が挙げられます。介護は、対人関係のお仕事です。そのため利用者の喜びや悲しみに一緒に寄り添う経験が多くなります。例えば、歩けるようになったという喜び、今度は1キロの散歩に挑戦してみたいという目標などです。

次に、イベントがあります。施設によっては行事を季節ごと、月ごとに実施したりなど力を入れています。そのため、イベントの企画が好きだったり、みんなの前で司会進行したり盛り上げたりすることが好きな職員にとってはとてもやりがいを感じます。

夜勤をするとこんな良いことがある

介護のお仕事はシフト制で、夜勤がある場合が多くなります。一見、デメリットが多いように感じますが、それ以上にメリットもたくさんあります。

まず、夜勤明けのお昼からの時間は丸々自由に使うことができます。そのため土日だったら行列でなかなか入れないお店でも、平日のお昼であればゆっくりと行くことができます。そのため、人気店を制覇して回るという趣味を作ることができます。

また夜勤をすると、3000円から7000円程度の夜勤手当がつきます。そのため、もっと給料が欲しいという方は積極的に夜勤をやると良いかもしれません。手当がつくため、夜勤明けのちょっとしたご褒美もオススメです。

介護の求人を東京で探す際には、応募条件や仕事内容などに着目をすることで、それぞれの実務経験や希望に応じた働き方を選べます。