Posted by:admin Posted on:2017年2月26日

そもそも歯科医師とは

歯科医師は、簡単に言えば、虫歯や歯の周りの病気を治療するのが主な役目です。歯科医師になるためにはまず、歯科大学などに行き、6年間の教育を受けて、国家試験に合格する必要があります。合格した後も大学病院で研修を積み、たくさん経験を積んだのち、開業するといった場合がほとんどです。

歯科医師の仕事内容は

歯科医師の仕事は、虫歯を治すだけではありません。歯周病といった歯茎の疾患の治療や抜歯、時には入れ歯や義歯の作成を行う事もあります。更には舌や顎も歯科医師が治療をする領域なのです。そして治療も様々な方法があり、その時の疾患に応じて治療を行わなくてはなりません。虫歯は、ただ患部を削って詰めるだけの治療の時もあれば、神経を取り除かなくてはならない抜髄処置といった、細かく集中力を要する治療をしなくてはならない時もあります。虫歯が酷い時や、親知らずが生えている時は抜歯を行う必要もあります。歯科医師は集中力と手先の器用さを要するだけでなく、力を要する事があるのです。また、治療をする相手は大人だけとは限りません。小さな子供を診察する時だってあります。やはり子供は歯医者さんに恐怖心を持っている事が多いので、そういった場合も、上手く対応する能力も必要とされます。

時には歯科医院の外で

仕事は歯科医院の中だけでするわけではありません。時には小学校や中学校といった教育機関に行って、生徒達の歯科検診を行う事もあります。そして、患者さんの自宅や老人ホームなどに出向いて治療を行う、訪問診療も歯科医師の大切な役目です。

歯科医師の求人は積極的に人材が募集されています。上手に活用することで、ステップアップすることが可能です。